Dolce Felice

アクセスカウンタ

zoom RSS 永遠のメンテナンス、の意味が分かりました☆彡

<<   作成日時 : 2014/03/26 03:26   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 
 
 


美容整形のお話。
 
 
 
 
(まだ言うの? って思われちゃいそうですが、
 私が美容整形に手を出さないのは 道徳的な理由も皆無ではないけど
 将来にわたってノーリスクでメンテナンスフリーな方法が
 開発されていないからしないだけっという側面だって大きいんですものー

 そのあたりの葛藤については、コチラに書いております☆彡)

 
 
 

生きている細胞は 新陳代謝を繰り返すから、
人為的に入れ込んだもの (代謝しないもの) との間に
いつかは必ずひずみが生じる。
 
 

それは、美容整形外科医の腕とも、
手術の成否とも関係のないところにある、と聞いて。
 
 
 
そのときは あまりピンと来なかったのですが、
別の機会に ジェルネイルについて読んでいたとき、


「あ、こういうことなんだ!」 とリンクしちゃいました。
 


 
(専門的な知識における相違点、ではなく、
 あくまで具体的なイメージとして捉えられたという話です (^_-)-☆)

 
 
 
 
 
 
 

 
 
  
  
 
 
ジェルネイルは、サロンで出来上がったときは完璧に美しい状態。
でも、いずれ 「浮いて」 きて、メンテナンスが必要となります。
 
 
 
浮いてくるまでの時間は 施術する人の腕によっても変わるけれど
人間が生きていて、地爪が伸びてくる以上、
いつか必ずお直しが必要となるという点では、誰もが同じです。


 
 

 
美容整形手術も定期的にメンテナンスをしないと
大変なことになるとは、よく聞きますが

ジェルネイルも、きちんとケアしないと
通院が必要になるレベルで大変なことが起きると警告されています。


(浮いてきた部分と地爪との間に緑のカビが発生する等。
 詳しくは、 「爪カビ」 や 「グリーンネイル」 で検索なさってくださいね☆)

 
 
 
 
 
違う点も 言うまでもなく、もちろんいろいろあるのですが、

「人体にとっての異物」 と 「人体そのもの」 が馴染まないという点では
同じだなぁと思い、得心したのでした。



手を出すときは、その瞬間だけでなくて、
その後のメンテナンスのことも
ちゃんと理解&納得して行うことが肝要なのでしょうね 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
  
 
  
 
 
 
 
「メスなし、注射のみ」 の鼻への美容注射
(内容物は1年程度で人体に吸収される安心なものという触れ込み) でも、

異物を入れた結果、皮膚が伸びて 中身が吸収されると不自然なレベルで弛むので、
結局 繰り返し注射し続けなければおかしな見た目になる……

という を聞かなければ、ちょっと試してみたかったのが本音の管理人でした (o_ _)o
 



 
ところで、
 
 

そこそこ技術が発達してそうな現代でさえ、
繰り返し手術したかたの顔が 皆、同じベクトルに向かうのは
ほんと何でなんでしょう? いまは過渡期なのかな?? 











 
 
 



 

 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

永遠のメンテナンス、の意味が分かりました☆彡 Dolce Felice/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる